ユンボ 免許

ミニユンボの免許

ユンボ免許の一つである、3t未満の小さいサイズのユンボを操縦するのに必要なものは「小型車両系建設機械特別教育」という講習を受けることで取得することが可能ですが、
自動車運転免許の取得をしておかなければなりません。

ユンボの免許を取得する為のこの講習では、2日間行われそのうちの1日が学科となりもう1日が実技講習となっていますので、
両方参加が必要になっていますので、両方参加しなければ取得することが出来ません。

小型車両系建設機械特別教育という講習をしっかりと受講しておけば、3t未満の小さいユンボといわれるミニユンボの操縦が可能ですので
しっかりと講習を受けて操縦に当たっての注意などを学んでおくことが大切です。

2日間、このミニユンボの免許を取得する為に小型車両系建設機械特別教育を講習で受講しますが
2日間の講習費用というのは1万5000円から2万5000円くらいかかりますので、費用も用意しておきましょう。

小型車両系建設機械特別教育を受講しておけば、ミニユンボの操縦が可能で自宅の改築や畑の整備も
心置きなく楽しめますからこの講習をしっかりと受けておくと良いということが分かりますね。

ユンボ 免許

ユンボの免許を取得する講習会場

ユンボ免許を取得するには、3t未満であるミニユンボを操作する為の免許と、3t以上のユンボを操作する為の免許と2種類の免許がありますので、
いずれも取得する為には講習を受けるのが必要になります。

会社によってユンボの免許を取得する為の料金も違いますし講習日時も違いますので、
まずは会社のホームページなどで確認すると免許の取得に関してのお金がどれくらいかかるのか分かるので観ておくと良いですね。

ユンボの免許を取得するのにあたり、その講習を行っているのは日立やコマツでが行っており、
いずれも全国に10以上の取得センターを用意しているので日程に合わせて、近いセンターに取得しに行ってみると良いです。

ユンボの免許の教習所、講習を行っている会社は、コマツ教習所も日立建機教習センタですが、
いずれの会社も建設機械であるユンボを発売している会社なので、
免許の取得のためには建設機械であるユンボを発売している会社の講習を受けると取得の講習も丁寧に行ってもらえそうですね。

免許の取得にあたっては教育訓練給付制度や助成金などがきく場合もありますので、
その点をしっかりと確認しておくのも良いですし、講習日程なども確認しておくとユンボの免許もとてもとりやすいですね。

ユンボ 免許

ユンボの免許取得

3t以上のユンボを操縦する為の免許ですが、
車両系建設機械技能講習を受講すると取得することが可能ですが大型特殊自動車免許を持っているかどうかで講習の日数が変わっていきます。

大型特殊自動車免許を持っていない場合には、3t以上のユンボの免許を取得する為には、
講習の日数が通常よりもかかり、日数は6日間かかり、実技講習も免許を持っている人と比べると長くなります。

大型特殊自動車免許と3t未満のユンボの操縦をしたことがある人の場合は日数は2日間で済みますし、
6日間の講習の場合は、費用もかかりますし当然ながらその分時間がかかってしまいます。

ユンボの免許を取得する為の車両系建設機械技能講習は、日数が2日間の場合は3万6000円から4万5000円、
日数が6日間ですと8万5000円から9万6000円で、どちらも受講には証明写真と印鑑、身分証明写真などが必要になっています。

ユンボの免許を取得するには、費用や日数がかかることも分かりますが、
実技講習には動きやすく適した服装で行くことが大切なので、動きにくいスーツなどはユンボの免許を取得する為の実技講習には不向きだということが分かりますね。

ユンボ 免許

ユンボの免許の種類

ユンボ免許には2種類ありまして、それはユンボの大きさによって変わっていくので免許も2種類あるということがわかると思いますが、
免許は2種類あることからもそれぞれ取得することが大切なのが分かります。

ユンボの免許が2種類というのは、小さいサイズの俗にミニユンボと呼ばれているものを操縦するためのものと、
機体の重さが3tを超えるユンボを操縦する為のものとで2種類ということです。

個人でユンボを操縦するのに向いているのはこのミニユンボを操縦するもので、
このミニユンボの講習の名前は「小型車両系建設機械特別教育」というもので、
これを受けることで自宅など個人で操縦するのには十分なミニユンボが操縦できるようになります。

建設現場など業務で使用する3t以上のユンボの講習の場合は「車両系建設機械技能講習」といい、
こちらは大型特殊自動車運転免許を持っているか持っていないかで講習の日数も変わりますが、
これを受けることで業務で使用することが可能です。

ユンボには自宅で個人で使用する分と、業務で使用する分とで2種類のユンボの免許があるということが分かりますので、
必要に応じて取得することが大切なのがこのことからも分かりますし、大きさによって違うということも業務内容で変わることで納得できますね。

ユンボ 免許

ユンボの免許取得の大切さ

ユンボには運転して操作するには、当然免許が必要になっていますし、工事現場はもちろんですが、
自宅での造園作業にも当然ですがユンボの免許は必要ですので、自宅だからと免許を取得しないではなく、しっかりと免許を取得しておかなければなりません。

自宅だから誰も取り締まれないだろうと思って、取得しないでユンボを操作しようとする人もいますが
それは大変危険なことなので止めた方が良いですし、何故、危険なのかは想像しても分かるはずです。

ユンボの免許は、普通自動車運転免許を持っていれば簡単に取ることが出来ますから、
取得しておくと作業をすることが無くてもそのような仕事に携わることがこの先ある場合にはちょうど良いと思います。

実技講習と学科が、ユンボの免許を取得する時に1日づつ講習として受けるようになっていますが、
ユンボの免許を取得するのに何故それがひつようなのかというと不用意な事故を生まないようにする為なのです。

ユンボの免許を取得する時に、学科と実技講習を受けることで、ユンボの免許を取得できますが、
この講習を受けることで正しい操作方法を身につけるようになりますので、
ユンボの免許を取得しないで操作するというのは正しい知識や操作法が身についていないということで危ないですからしっかりと学びましょう。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。